So-net無料ブログ作成

現場でいろいろ打ち合わせ [家づくり]

一昨日、昨日と富田の家で工事監理。

外壁断熱材などのチェックをしつつ、施工側と打ち合わせ。
外壁仕上げ材や玄関ポーチ、その他室内もいくつか
変更の可能性がありそうな部分が出てきたので、
仕様変更の可否と納まりの検証をしました。

今回の現場は細かな仕様は施工側一任なのですが、
設計段階では仕上げなどで詳細保留になっていた点もあるので、
それらを施主さまを交えて現場で最終確定してもらっている段階です。

このところ雨天日が多いですが、大工仕事は内部中心に進めているようで、
工程はまず順調な感じのようです。

気温が盛夏に比べて一段下がった感じなので、
現場の職人さんには助かりますね。

2014.08.26.1.JPG
2014.08.26.2.JPG

盛夏の室内環境 [暮らし]

信州安曇野は残暑の厳しい日々が続いています。
お盆休みの期間を中心に雨の日がけっこう続き、
当初長期予報された冷夏多雨の様相を呈していましたが、
それでも7月後半からや盆休み以降は35度前後まで気温が上がり
さすがに昼間の屋外にいると身体がだれてしまいます。

せめて室内環境だけでも過ごしやすくしたいもの。
エアコンがあれば普通に使ってしまう気温条件かもしれませんし、
実際最近新築される家ではエアコン設置は割りと普通のことになってきています。
少なくとも、それ専用の配線準備だけは済ませておくよう
施主からリクエストされることがほとんどですね。

そんななか、事務所を兼ねている我が家では
エアコンもなければ扇風機も存在しない生活環境となっています。

意志が弱いので、エアコンもあればあったで使ってたでしょうけど、
なければないで、まあなんとかなるもんです、安曇野の夏くらいなら。

ただ、建築場所の条件にもよるでしょうか。
うちの場合、家のある土地がたまたま風の流れが比較的あって、
とくに北からの風が入りやすい状況にあります。
なので東西南北の窓を上手に開けておけば、心地よい風が室内を吹きぬけ、
涼しいといえるレベルではないにせよ、暑さを感じないレベルにはなってくれます。
2014.08.21.1.JPG
2014.08.21.2.JPG
あと、建物の断熱のよさもあるので、明け方からしばらくの間は
窓を開放しないほうがかえって室内の気温上昇を抑えられて
快適に過ごせる時間帯も日によってはあったりします。

うまく窓の開閉を利用できれば、エアコンなしでひと夏を乗り切ることも可能。

先日我が家にやって来た両親が暑さに耐えかねたのか、
ホームセンターで扇風機を買ってきてしまいましたが、
けっきょく滞在中にそれを使うこともなく帰って行きました。
まあ、来客のあったときなんかには使わせてもらいますけどね。

家の設計、以前の信州の家は冬の断熱に目が向きがちでしたが、
いまや夏場の清涼感を出すため多くの設計士があの手この手の工夫をしているようです。
うちでも効果的な遮熱断熱設計を重視して、電力設備に頼りきらない
効果的な住まい作りを考えてゆきたいと思っています。


構造検査でした [家づくり]

富田の家は本日、構造検査を実施。

検査機関の検査員に来て頂き、
耐力壁、金物、防水、などなど。
あれやこれやとチェックいただきました。

もちろん、検査項目に問題もなく無事検査は終了。

百戦錬磨(?)の棟梁なので間違いなどあろうはずもないのですが、
第三者機関の検査は施主にとってだけでなく、
私たち業者の側からしても気を引き締め直すためにも大事な作業ですね。

検査途中や検査後に検査員といろいろ話をして
勉強になったりすることも少なくありませんし。

現場は設備関係の配管や配線を行いつつ、
大工作業も下地作成を順次進めているところです。

今日は雨降りで気温も落ち着いたものですが、
まだまだ暑い日が続く8月お盆前の仕事。
現場の職人さんは本当にお疲れ様です。

CIMG6940.JPG

古民家物件調査 [暮らし]

昨日の午前の仕事ですが、
筑北村某所にある、一軒の古民家に出向いてきました。
2014.08.01.chikuhoku1.JPG
現在は空家となっているこの古民家。
かつては茅葺屋根だった、比較的こじんまりした建物で、
内部は平屋建て構造。

当該物件は筑北村の空家バンクに登録されている一軒で、
生活できる状態にするにはどの程度の改装、改修が必要か、
そしてそのための工事費がどれくらいになるのか
その目安を積算するための調査が今回の訪問目的。

建物内外をざっくりと見回しただけなので、
予算といっても本当にざっくりとしたものしか出せないと思うのですが、
それでも空家バンクなどを経由して照会してきた人たちに
物件の購入予算と別にどれくらいの費用が必要なのか、
おおまかな目安を提示することは大切な作業です。
2014.08.01.chikuhoku2.JPG
2014.08.01.chikuhoku3.JPG
今回、村役場の職員と物件を手がける不動産業者の案内で訪問。
直近の家主さんが買い取ったあと一部をリフォームしているようですが、
それでも修繕をかけなくてはちょっときつい部分もある様子です。

台所など水周り以外は二間続きの実質ワンフロア状態なので、
二世帯居住などにはちょっと厳しいかもと思われますが、
例えば都会と二地域居住を考えている都市生活者が
セカンドハウスとするにはなかなか頃合いの大きさではないかと思えたりもします。
もちろん、セカンドハウスといえども住民の居る集落のなかですから、
実生活では地域活動の役回りなどは必須になることは当然ですが。

建物について、これから改修工事内容を検討しつつ、
費用概算をやって提示して行きたいと思います。
もし物件が気になる方がいらっしゃったら、
筑北村役場の担当まで照会してみて下さい。

筑北村公式HP
上記サイト内、「筑北村空き家バンク」のバナーをクリック。

おまけ情報・・・
家の目の前に、火の見やぐらが立っています。
ヤグラー諸氏にとっては垂涎の物件かも!?ww
2014.08.01.chikuhoku4.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。