So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

屋根と天井@御代田の家 [家づくり]

先週新しい記事をエントリーしようとして、書き上げてから保存ボタンをクリックしたら
「メンテナンス中でサービスが利用できません云々」のコメントが表示されて
元に戻ろうとしたら戻れなくて、せっかく書いた記事がパーになっちゃって……。
以前、接続が悪かった頃はメンテナンスの類でなくてもエラーになって
書いた記事がおしゃかになったことが幾たびかあって。
それ以来保存ボタンクリックする前にコピーを取る様に心がけていたのだけれど、
災害は忘れた頃にやってくる、ってな感じでホントにもうっ……。

……で、御代田の現場です。
外部は屋根の板金を葺きあげ、室内では1階の天井張り作業が進んでいます。
普通、1階の天井というと大工作業の工程的にはけっこう後のほうになるのですが、
今回は2階床梁や甲乙梁などの上に厚板を敷き詰め、それを1階向けに現しとし、
また2階に向けては床造作の下地となるように設計しています。
2階側の作業床も兼ねているので、大工手順も比較的早い段階に来ているという次第。
1階側はこれで仕上がりですが、なかなかいい感じで張り上がっています。
素材は構造材と同様、根羽スギです。

(2階側)

(1階側)

屋根のほうは鋼板葺きですが、今回は建築主様のご要望もあって
天然のチップストーンを吹き付けた化粧鋼板を採用しています。
色合いを落ち着いた濃いグレー系のものとしたので遠めにはハッキリしませんが、
近くで見ると普段よく使用する長尺の横葺き鋼板とは違い、波板で表情のあるのが分かります。
材料費は決して安くはありませんが、表面仕上げのチップストーンが雪止め効果を発揮したり
室内側では雨音が通常の鋼板葺きよりもいくらか静かになるなど利点も多く、
屋根に求める条件次第では検討に加えたい一品ではないでしょうか。

(屋根)


コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:住宅

コメント 2

たいせい

 初めてのコメントです。
 so-netの住宅カテゴリーからお邪魔させていただきました。
 私は、愛知県で三州瓦(和瓦)を作っているメーカーです。

 記事の写真を見させていただいて、コンパネを使っていない現場を嬉しく感じました。
 これからも時々お邪魔させていただく機会もあろうかと思いますので、よろしくお願いいたします。
by たいせい (2008-01-24 17:13) 

のぶさん

>たいせいさん

初めまして。コメントをありがとうございました。
それで、、、心苦しく思うところがあるのですが、
じつはこちらの家づくりでも構造用合板は使用しておりまして。
写真に出した1階天井向けの厚板の上に敷き詰めて、
2階床はさらに遮音シートやらPBやらあれこれ敷き詰めた上に
仕上げることになっています。
でも、無垢板で行ける部分はそうやって家づくりしたいですし、
今回もそうして無垢材を積極的に採用しています。

ちなみに別エントリーでも紹介している自邸=実験ハウスのほうは
三州のいぶし瓦を使っていますよ。(^^)

今後ともよろしくお願いします。
by のぶさん (2008-01-24 22:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。