So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
景観全般 ブログトップ

書籍のなかの景観 [景観全般]

昨日、午後から所用で松本まで出かけたのですが、
ことのほか早く用を終えたので空いた時間で書店に立ち寄り。
その書店は松本平のなかでは建築関係の専門書もそこそこ充実しているお店で
以前からよく通っていたのですが、職場から車で40分以上かかることもあって
このところ忙しさにかまけてすっかりご無沙汰。
で、数ヶ月ぶりくらいに立ち寄ったところ、ちょっとした変化に気付いて。
それは「けっこう景観関連の本が増えたなぁ」ということ。

建築・土木関連書籍のコーナー。
“景観”とか“まちづくり”というキーワードをテーマにした本が
以前にも増して本棚の占有面積を広げているのではないかと。
さっくりチェックしてみると、景観法が施行されてから発刊された本がたぶん7~8割ほど。
さらにそのうちの多くがここ1年以内くらいに出版された本のようでしたね。

松本市は景観条例を今年度改正し、新たに景観法に基づく景観計画を施行。
そうした背景を持った上での関連書籍の充実となったのかもしれませんが、
いづれにしても地域づくり・暮らしづくりの重要なツールでもある景観について
少しずつでも関心が高まっているのは良いことかなと感じた次第。

でも、そうした景観関連書籍はおしなべて業界誌、専門書籍の範疇なんですね。
建築、とくに住宅関連書籍自体は一般向けにも多くの本(主に雑誌)が出版されていますが、
たいていの書店ではそれらは専門書籍コーナーから離れて比較的目に付きやすい
一般雑誌の並ぶ一角で気軽に手に取ることが出来ますよね。

昨日はその専門書コーナーで以前から気になっていたまちづくり関連の本を2冊ほど手に入れ、
ついでにとレジに向かう途中でそんな一般向け住宅雑誌コーナーに立ち寄ってみたのですが。

「チルチンびと」などの代表的な住宅紹介記事中心の雑誌や
設備やガーデニングなどの個別テーマに沿った雑誌、
長野県地域限定で建築家や工務店を取り上げた雑誌など
新築やリフォームを考えている人達向けの住宅関連の雑誌が溢れていて、
そのコーナーだけで数十種類ほどもあってとても賑やかです。

そんな本棚に目を向けていると、景観と関連深い“建物の外観と外構のみ”を取り上げた
ユニークな企画の雑誌を見つけました。なかでは何十件という新築または
築数年程度の住宅の外観や外構が1~2ページ単位で次々と紹介されています。

洒落た雰囲気の外観のものがある一方、
これはどう理解すれば……と首をかしげてしまうようなものとか、
本を見ているだけで目がチカチカしてくるような派手な色使いの家とか、
まあずいぶんと個性的な家ばかりが登場していて。

ここでその雑誌に載った個々の家を評価するつもりもしようもありませんが、
雑誌の構成としては、出来れば建物単体の外観だけではなく
その周辺地域との調和がどう図られているかとか、
そういう景観面での考察や紹介があってもよかったのにと思った次第。

あるいは単体の外観としてみれば個性的という無難な評価を出すことが出来ても
それはあまりにインパクトがあり過ぎて地域の街並みのデザインからは
大きく逸脱してしまっている外観が多かったのではないだろうかと勘ぐってみたりして。

専門書ではなく、お手軽な雑誌として景観とか街並みをテーマにした本は
少なくとも私は今までお目にかかったことがありません。
(そういう類の雑誌があればぜひ紹介してください。)

街並みとか景観をテーマにしても、売れてくれる見込みがなければ出版できっこないでしょうしね。
だから専門書的な扱いでちょっとお値段お高めの本でしか製作できないのだろうなとも思われ。
それ以外にあるとすれば、街並みなんかの風景を撮影した写真集とかかな?
「季刊まちづくり」という本がありますが、これとて専門書の域を脱しない印象ですし。
季刊まちづくり.jpg

雑誌のなかの一コーナーで街並みと調和の取れた外観や植栽を考えた住宅を取り上げるとか、
そうした方向ならあるいはこれまでにもあったかもしれないですし、
これからも取り上げられるかも知れないですね。
安曇野市の景観計画策定委員会でも、市民全体に景観への関心を高めてもらうには
どうすればよいだろうと知恵を絞りあっているところです。
雑誌に限らず影響力のあるメディアが特別編集の記事でも何でもいいと思いますが、
景観に配慮した家づくり特集とか、そういうのがもっと頻繁に目に付くようになってくれれば、
関心を高めていく一助になってくれるのではとも思うのですが、さてどんなものでしょうね。
コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

松本地域景観育成サポーター募集 [景観全般]

安曇野を含む松本地域において景観育成サポーターの募集が行われています。
地域に含まれる市町村は松本市、塩尻市、安曇野市、波田町、麻績村、
生坂村、山形村、朝日村、筑北村の以上です。

景観サポーターは以前に長野県が各地域で市民を募り各種の活動を実施していました。
この制度はいったん廃止となってしまったのですが、
松本地域だけでもとにかく継続して景観サポーターとして活動を実践していこう
ということで、県の松本地方事務所が単独で募集を行った次第です。
応募は昨年秋にいったん締め切られ、私も応募しサポーターとして登録しているのですが、
“旧サポーター制度”の際に登録していた人数に比べてかなり少なめの登録者数であった
ことなどもあり、活動内容に市民が自主的且つ積極的に関わっていくためにも
よりいっそうの参加者を募らなくてはと、再募集に踏み切ったようです。

いちおう県(地方事務所)が呼びかけている募集ではあるのですが、
実際はそれぞれが暮らす地域などに絞った、身近な活動が中心になってくると思います。
つまり県よりも松本市や安曇野市などといった市町村への働きかけや
そうした身近な行政との協働というものがよりいっそう大切になってくるわけです。
また旧制度に比べて住民主体で活動を計画実行していくというスタンスになるようでもあり、
景観育成はまず身近な地域からという基本から考えると
いろんな可能性を感じられる集まりになるのではと思っています。

今回の募集期限は2月26日。
詳しくは下記のサイトに案内があります。
松本周辺地域にお住まいの皆さん、ぜひこの機会に活動に参加してみて
自分たちの暮らす街・町・村の景観問題に触れてみてはいかがでしょうか。

松本地方事務所、景観育成サポーター募集のページ

http://www.pref.nagano.jp/xtihou/matu/gyoumu/kentiku/keikan/boshu2.htm


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
景観全般 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。